- Shooting Apple!! - 戦術機 F-22Aラプター日本帝国特殊作戦群配備機  市街地戦用ドットマトリクス迷彩仕様 完成レビュー
プラモデルやガレージキットの製作記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

戦術機 F-22Aラプター日本帝国特殊作戦群配備機  市街地戦用ドットマトリクス迷彩仕様 完成レビュー

1-0.jpg


『 F-22Aラプター日本帝国特殊作戦群配備機  
 市街地戦用ドットマトリクス迷彩仕様』



という訳で、コトブキヤ戦術機プラキット・コラボレーション『ブルーフラッグ』用に

制作していたオリジナル仕様の戦術機ラプター、完成しました!

主催者でありながらまさかの締め切り当日に投稿という(;´Д`)

久々に本気で修羅場でした。30時間くらい寝ずに作業して仕上げたのは初めてだ・・・

原作のブルーフラッグも、終盤でラプターが電撃参戦して盛り上がったりしたし!そういうノリということで!(?)


開催期間中、様々なモデラーさんがそれぞれの技術、アイデアで制作した素晴らしい戦術機を持ち寄って下さり、

跳躍ユニットが暴走しそうなほど多くのモチベーションを頂きました。好きなように作ってこそ模型!

今回はマブラヴの細かい設定はあえて無視し、お祭り騒ぎだ!ということで好き勝手にやってみました


IMG_6472.jpg


バードイーター1


IMG_6566.jpg


IMG_6575.jpg

世界最強、「戦域支配戦術機」とまで呼ばれる米国の新鋭ステルス戦術機がもし日本帝国に配備されたなら・・・

日本帝国の国産戦術機「不知火」と共通したグレーのメインカラー、

青色のセンサーカラー、そして日の丸デカール・・・

そんな妄想を元に、ラプターのキットを塗装して制作してみました


87式突撃砲を背負う、帝国グレーを身に纏ったラプター・・・ロマンが溢れますよね(*´v`*)


IMG_6476.jpg


IMG_6534.jpg


IMG_6520.jpg

今回はそんな妄想設定で、なおかつ対戦術機戦、AH(対人類)戦を主任務とする特殊部隊に配備されたラプター、

ということで市街地戦闘を想定したドットマトリクス迷彩のカラーリングで塗装してみました

不知火をモチーフにデザインしたオリジナルエンブレムを、スライドデカールにプリントして左肩に貼り付けています


国産戦術機「不知火」・・・数えきれぬ兵士の亡骸を礎に、そして守るべき民を背に、

国土防衛のために戦う日本帝国の衛士が駆る、最も愛し、そして最も信頼する機体

ラプターほどの機体が配備されようと、たとえ不知火が旧式と呼ばれようとも、せめて部隊章として共に在りたい


そんな、ラプターに乗ることになった衛士が抱く想いなんかも想像しつつ・・・


IMG_6498.jpg


IMG_6542.jpg


「こいつが日本に配備される日が来るとはな・・・12.5クーデターに参戦した奴らには申し訳ないが、良い機体だ」

「私だって未だに実感が沸かんよ。だが、任されたコイツを一日も早く手懐けるために我々がいる」

「世界最強の米国機に、林檎を齧る死神を模した不知火のエンブレムか。挑戦的で嫌いじゃないがね、俺は」

「・・・『昔の女』を忘れられない、女々しい我々にピッタリの部隊章だろう?」



ラプターが正式に配備された初日、パイロットとして選ばれた栄誉ある特殊部隊の衛士達

ハンガーに収められ急ピッチで迷彩色にカラーリングされ直していく機体を眺め皮肉を言い合いながら、

国産機とはまるで違うデザインと内包する圧倒的な性能を前に、密かに沸き立っていたのかもしれません


IMG_6511.jpg


IMG_6487.jpg


IMG_6540.jpg


ステルス機独特の平面的なデザインが映えるように面出しや表面処理は念入りに行い、

エヴォブラックのサフを下地にグレー3色をマスキングで塗り重ねて迷彩塗装、

クリアーコートでマスキング跡を埋めつつ艶を統一、最後にツヤ消しでフラットに整えてます

迷彩の上からはクリアーブラックでグラデーションをエッジを中心にかけて重厚感を出してみました

下地のサフから仕上げのトップコートまでで7層を塗り重ねています


迷彩の上からグラデーションの重ね塗りなので失敗したらシャレにならず、毎度集中力が・・・!

純粋に迷彩パターンが気に入らず塗り直した箇所もかなりあって、思ったよりだいぶ時間がかかりました


IMG_6526.jpg


IMG_6525.jpg


IMG_6524.jpg


IMG_6544.jpg


割りと入り組んだ平面で構成されていて、脚部と胴体の面出しがかなり大変でした(;´Д`)

ラプター特有のステルスらしい平面で構成されたデザインが非常にカッコイイですが、

正直、関節等の構造はこれまでのノンスケールキットに比べるとだいぶ劣ってしまっています


チェルミナートルで進化した後ハメ可能な関節構造、組やすさがほぼ皆無・・・

挟み込み式の関節に戻ってしまい、ABSパーツ故に強度を残しつつ後ハメ加工をするのは面倒です

今回は合わせ目がある関節箇所は全てエッチングソーで加工して後ハメ工作しましたが、

正攻法で塗装するとかなり面倒臭そうなパーツ分割でした


IMG_6488.jpg


IMG_6546.jpg


IMG_6548.jpg


IMG_6549.jpg

蛍光カラーによる複眼やセンサーカラーの発光、

クリアカラーによるノズルの焼塗装なんかをアクセントにしつつ・・・

今回は迷彩がだいぶゴチャゴチャしていたので、焼け塗装は自己主張は抑えめに入れてみました

オレンジとグレー系の色の組み合わせって結構好きです(*´∀`*)


IMG_6502.jpg

IMG_6503.jpg

『貴様らBETごときの返り血で機体が汚れるのは腸が煮えくり返るが・・・大サービスだ、下等生物――!!』



国産機とは違ってヒザにナイフシースが内蔵されているのがカッコイイですよね(*´v`*)

差し替えることでナイフシース展開状態を再現出来ます



ドットマトリクス迷彩は、毎回各色の色の差異に気を使うんですが、

今回はモノトーンカラーなので、マホガニー混ぜる以外はパターンを気にするだけで楽しく塗装出来ました

完全に色がドットとして独立するのではなく、ある程度まとまった色の群れとして配置してます


IMG_6529.jpg


IMG_6523.jpg


IMG_6513.jpg

多少の組みにくさを補ってあまりあるカッコよさ!!

いやーやっぱり米国戦術機はカッコイイ!複眼!複眼!

オルタ本編では、12.5クーデターの際に、第一師団第一戦術機甲連隊の最精鋭が乗る不知火を相手に、

1:7というキルレシオを維持しつつ圧倒していたシーンが印象的でした


最初はセンサーはオレンジ色にして、もう少し凶悪なイメージにしようかと思っていたんですが、

やはり不知火や撃震の面影を感じさせるためにブルーにしましたwまた機会があったら作りたいです


IMG_6518.jpg

『待て。・・・目標を補足した。ダミービル群で待ち伏せしている。・・・挟撃するぞ、ついて来い』
 的な(*´v`*)

もともと、中距離射撃を主目的としたラプターなので、やっぱりこういうライフルが似合う!

支援砲持たせたら絶対カッコイイ、と思い続けていたので、形にできて良かったです


ステルス性が高すぎて、作戦後「味方に発見してもらうために」ビーコンを使ったり、

歩行時の静音性を高めるための両足裏の特殊ゴムだけで第二世代戦術機が買えるお値段だったり、

スケールが色々とまさにアメリカ!という感じの戦術機ですよね



IMG_6580.jpg

『中型種は我々が砲撃で仕留める!!貴隊には友軍を包囲している小型種を端から狩ってもらいたい!!』

『おやすい御用だとも。我々としても、射撃と隠れんぼだけが得意だと思われては心外だしな・・・!!』



このシーンを撮りたくて頑張りましたwオールスターズ!

わりと長期戦での制作になりましたが、とっても楽しかったです。やはり迷彩塗装はこうでなくては・・・

なんとしても締め切りに間に合わせるため、2日ほど一切寝ずにひたすら塗装していたので、

ハンドピースのボタンを押す人差し指が痛い&眠気による頭痛&吐き気が止まりませんが!


素晴らしい戦術機の数々を投稿して下さったモデラーさん達に少しでもモチベーションを返さないとね!


20140506053211174_201405312016550b1.png

というわけで、コトブキヤ戦術機プラキット・コラボレーション『ブルーフラッグ』

本日5/31日零時を以って募集期間を終え、作戦終了となります

自分もそうですが、ラストスパートに向けて投稿が続いております(*´∀`*)今からでも過去作の投稿間に合うよ!

既に素晴らしい珠玉の戦術機達が集結、相互評価試験を繰り広げておりますので、

興味のある方は是非ともご覧くださいね!



やったーーー!!ラプター完成したー!!(;´Д`)本気で疲れた、チオビタ飲み飽きた!

明日以降、投稿期間が終わってからきちんと『ブルーフラッグ』の総括をしたいと思いますので、

参加して下さった皆様への感謝はそこできちんと述べさせていただきたいと思います!




『HQより、全部隊へ通達。作戦終了時刻が迫っている。最後まで気を抜くなよ!』





マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス F-22A ラプター先行量産型 インフィニティ―ズ仕様 (NONスケール プラスチックキット)マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス F-22A ラプター先行量産型 インフィニティ―ズ仕様 (NONスケール プラスチックキット)
(2014/01/21)
壽屋

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[ 2014/05/31 20:24 ] 製作記 | TB(0) | CM(4)
 主催者として、そして大取を飾る機体として申し分のない一品となりましたね。
 
 細部までの妥協無き塗装、本当にお疲れさまでした。
 
 幸運にも、実際手に取ったヴェンジェンスで、林檎さんの塗装技術の素晴らしさを目の当たりにしておりますので、
こちらの作品も集会時の持ち込み、楽しみにしておりますw
[ 2014/05/31 21:00 ] [ 編集 ]
F-22Aラプター日本帝国特殊作戦群配備機 市街地戦用ドットm(噛んだ

キレイ

作戦終了 戦闘システム解除
通常モードに移行します
お疲れ様でした
[ 2014/06/02 11:50 ] [ 編集 ]
フィアレクシアさんへ
ありがとうございまーす!レクシアさんも参加ほんとありがとです!!(*´∀`*)
修羅場に次ぐ修羅場でほんと死にそうでしたが、手抜かりなく楽しめましたw

レクシアさんに戦術機の魅力を教えこめたのは個人的には最大の戦果です( 'ᾥ' )ふふふ
今年の夏はバーに戦術機も立ち並びそうで非常に楽しみですw

来年のホビーショーでは、戦術機大隊も飾れたら楽しそうですね!
展示に使う機体なら、好きなのを言って下さればいくらでも用意シマスヨ・・・?
[ 2014/06/02 18:20 ] [ 編集 ]
コジマさんへ
自分でも噛まずに最後まで言える自信がありませんwオペレーターさんは大変だ!
模型を作るのもちろん、妄想設定を考えてニヤニヤするのも毎回の楽しみです

なんだか久しぶりに戦術機を制作した気がしますが、またACも作りたいです(*´v`*)
ACV系キットが非常に楽しみなので、主任の発売が今から待ち遠しいですw


モクヒョウ タッセイ(無感情な声で)
[ 2014/06/02 18:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
完成作品レビュー
『涙を流す女 胸像ガレージキット』 『港湾棲姫 胸像ガレージキット -Ver Guntie-』 コトブキヤ ACVIハングドマン『グーテンターク・ドライ』 コトブキヤ  一七式衛人白月改『継衛』 -シドニアの騎士- 完成レビュー 戦術機キットコラボイベント『ブルーフラッグ』 『F-22Aラプター日本帝国特殊作戦群配備機  市街地戦用ドットマトリクス迷彩仕様』 『ACVI UCR-10/A 『ヴェンジェンス』初戦/最終決戦仕様』 1/144 『Su-47E ビェールクト』 ACVI SOLUH『バルバロイ』 フジミ 1/700 金剛型高速戦艦3番艦 『榛名』 ノンスケール Su-37M2 チェルミナートル  フィカーツィア・ラトロワ中佐搭乗機仕様 ノンスケール Su-37UB チェルミナートル  スカーレット・ツイン搭乗仕様機 タミヤ 1/35 Ⅳ号戦車D型改・H型仕様 大洗あんこうチーム仕様 タスカ 1/35 シャーマン・ファイアフライ サンダース高校仕様 タミヤ 1/35 チャーチル Mk.Ⅶ 聖グロリアーナ高校仕様 タミヤ 1/35 JS-2 スターリン  プラウダ高校仕様 タミヤ 1/35 ティーガーⅠ 黒森峰フラッグ車仕様 ノンスケール 不知火弐型・富士教導団仕様 迎撃後衛装備 コトブキヤ メタルギアREX ドットマトリクス迷彩仕様 1/144 不知火・富士教導団 【露軍迷彩仕様】 HGUC ザクⅠ・スナイパー 【UC ヨンム・カークス機】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。