- Shooting Apple!! - 新しい相棒
プラモデルやガレージキットの製作記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

新しい相棒

IMG_4170.jpg

(*´∀`*)ヴァー!!

















なんかガスマスクをつけて両手に持ったハンドピースを構える不審者が居ましたが、

あまり気にしないようにします(*´∀`*)誰だろう?凄いかっこいい人だったね!!素敵!!

IMG_4154.jpg

IMG_4155.jpg

今回の不知火弐型の制作から、念願の新型機にして高性能機、

エアテックス製のハンドピース、エボリューションを導入しました

これで念願のハンドピース二台持ち!!やったー!!(*´∀`*)

標準装備の0.4ミリノズルに加えて、0.2ミリノズルベースセットも購入

安い買い物では無かったけど、めちゃめちゃ使いやすいなー!!


IMG_4158.jpg

レーザープリントされたエボリューションの文字。かっこいい!!

今まではタミヤのHGトリガーを愛用していたんですが、エボはボタンが軽くて吹きやすい!!

穴あきノズル仕様なのもあって吹き心地が物凄くマイルドです。すっごく良いよこれ!!

頻繁に調色する自分にとって、エボの蓋の着脱のスムースさが地味にありがたいです(*´∀`*)



グラデーション塗装を多用する自分としては、ニードルアジャスターの「遊び」が

少ないので塗料の吹出量の微調整がしにくい点は不満ですが、

たぶん使っている内に慣れていくよ(*´∀`*)

慣れてさえしまえばせっかちな自分にピッタリな相棒になりそうです。これからよろしく!!


IMG_4176.jpg

もちろんHGトリガーも凄く良いハンドピースなんですが、

ボディの重さとトリガーの硬さも相まって、手首と指が疲れるんですよね・・・( ;∀;)

それがかえってグラデーションの微調整には使いやすかったりするんですが、長時間の塗装はちょっときつい

とりあえずツールウォッシュでピカピカにして、上手く使い分けていこう






という訳で、不知火弐型の製作から早速エボを投入開始

せっかく良いものなのだ、使い込んで真価を発揮してやらねば!!


リベンジ焼け


リベンジ

チタン焼けは「熱源に近い部分から青色〜黄色」へと色味が変わるという情報をモデラー仲間に教えてもらい、

不知火弐型のジャンプユニットノズルの焼け塗装をやり直し

メッキシルバーのギラギラ感と、スス汚れのフラットな質感の部分を上手く対比にしたいな・・・



やっぱり良いなーエボ!!(*´∀`*)ウフフ

0.2ミリノズルに換装して塗ったんですが、至近でのグラデーションも問題なしです。塗ってて楽しい!!

まずはとにかく使い込んで、今月中の不知火弐型の完成が目標だ!!





マブラヴ オルタネイティヴ 不知火・弐型 富士教導団「イスミ・ヴァルキリーズ」所属機 (ノンスケール プラスチックキット)マブラヴ オルタネイティヴ 不知火・弐型 富士教導団「イスミ・ヴァルキリーズ」所属機 (ノンスケール プラスチックキット)
(2012/03/22)
壽屋

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[ 2013/03/23 03:37 ] 製作記 | TB(0) | CM(6)
No title
こちらでは初めまして。―nin―と申します。よく確認したらfgではninnin、TINAMIではninと毎回名前が変わっていましたが。。。
ブログの方、コメントいただきありがとうございます!

いつもながらの超絶塗装テク、溜息が出ます。とくに前回・今回の推力偏向パドル、でしょうか?(マブラヴについてはとんと疎いもので…申し訳ないです)これのグラデーション塗装は素晴らしいですね!とにかく美しい。
現在作成中のモノには必須技術ですのでなんとか習得したいものですが、これほどのものを見てしまうと…出来るかどうか不安になってしまいます;

またハンドピース二台目ご購入、おめでとうございます。
よろしければ質問させていただきたいのですが、これまではメタリック塗装とそれ以外をすべて同じハンドピースで塗装されていたのかと思いますが、それによるトラブルなどはありましたでしょうか?
私もハンドピースとコンプレッサーの導入を(今更)検討しているのですが、一台だと洗浄しきれなかったメタリック粒子が通常色に混ざったりしそうなのが嫌なので、いきなり二台持ち…すべきかなぁ…などと悩んでおります。

初めてのコメントで質問という図々しいことをしてしまい申し訳ありません…
今後も素晴らしい作品に期待しております!
[ 2013/03/23 21:30 ] [ 編集 ]
No title
おおお、エアテックス製のハンドピースですかっ!
やっぱり作れる人は選ぶものが良いですね(〃∇〃)

新しい工具を使うときって、なんとも言えない高揚感がありますよね。
使うのが楽しいっていうのが伝わってきて、うらやましいですわー((>д<))

僕は逆になるんですけど、予算ができたら
トリガータイプのハンドピースを買おうと思ってたので
(丁度その、タミヤのHGトリガーだったんですが)
記事の内容、参考にさせて頂きますm(_ _ )m

弐型の完成、楽しみにしてます!

しかし、フードの写真
SFにミリタリーに模型・・とロマンが詰まってますね(´-`)
そのガスマスクかっこいいなぁw

[ 2013/03/24 00:46 ] [ 編集 ]
No title
わーninさんこちらでは初めまして!!(*´∀`*)
いつもワンオフ・ホワイトグリントの制作記録、息を呑みながら拝見しております!!
焼け塗装、上手く出来ているか不安だったのですが、そう言ってもらえて物凄く嬉しいです!!ありがとうございます!!
なんだかんだで3回吹き直したので、良いアクセントになってくれることを願います・・・!!( ;∀;)

>それによるトラブルなど
ですね、今まではサフからメタリック塗装まで、全部タミヤのHGトリガーエアブラシを使っていました。良いハンドピースですよ!!
標準で0.3ミリノズルなので、なんでもこなせます(*´∀`*)
金属塗料を吹く→シンナーでうがい→ニードルアジャスター全開、トリガーをフルで吹いて塗料を出す・・・
のを色変えの時にやれば、そんなに気になるほどの粒子残留は無かった気がします
それでも気になる時はもうひと手間かけて、ツールウォッシュなんかの洗浄用溶剤でうがいしてやれば大丈夫です(*´∀`*)かなり強力!!
メンテは若干面倒ですが、ボディの重ささえ気にならなければトリガータイプは吹きやすいですよ!!
それか、2台買ったつもりでエアテックスのハンドピース本体とノズルベースセットを買って、
使う塗料に応じてノズルの口径を変えつつ塗装、というのもアリだと思います
とりあえずこっちはノズル変更&メンテナンスはめちゃくちゃ楽なので、ボディ内の塗料の掃除も綿棒一本ですぐ解消出来ます(*´∀`*)
個人的にはボタンの軽さよりも、こっちの方がお気に入りなくらい・・・


あと長文ついでに、焼け塗装のレシピも!!
1200番のサフ→ガイアのEXブラックを下地にメッキシルバーNEXTを薄吹き、
その上からクリアーブルー、クリアーイエロー、クリアーレッドの順でグラデーション、
最後にフラットブラックとマホガニーを混ぜたものでスス汚れ・・・といった流れです
表面処理とメッキシルバーの塗装をもうちょい上手くやればもっとギラギラするんですけどね゚(゚´Д`゚)゚
クリアーブルー(青焼け)の面積を多めに塗装してやればそれっぽくなるはずです!!
・・・と、偉そうに語っておいてなんですが、ちいたわからし先生に教えて頂いたやり方なんですけどね( ;∀;)
自分はまだまだですが、極めればプロの方並みの仕上がりに出来るはず!!


焼け塗装はハンドピースのコントロールにさえ慣れればそんなに難しくないので、ninさんも購入されたら是非!!(*´∀`*)
もちろん2台持ちも作業時間短縮になるのは間違いないので、
上のはあくまでも自分個人の使用感ですが、少しでも参考になれば幸いです!!(*´∀`*)
ninさんの初エアブラシ作品、楽しみにしてますっ!!
[ 2013/03/24 03:42 ] [ 編集 ]
No title
もう、エアテックスの文字が描かれた箱を開封する瞬間は、
買ったばかりの電動ガンのパッケージを開封するときくらいドキドキしましたw
何度も無駄にパーツをバラしてメンテの予行演習なんかをやってた気がします(*´∀`*)
新しい工具やマテリアルを使い分けて、自分に合ったのが見つかる瞬間も、モデラーの醍醐味ですよね!!


そしてハウさんもHGトリガーを購入予定とは!!
ACVIアンビエントの制作以降ずっと愛用きたんですが、良いものですよ!!(*´∀`*)
標準で0.3ミリノズル、面塗装から細吹き、グラデーションまでいけて、
サフも金属塗料も全部これ一本でいけるので、きっと良い相棒になりますよ!!
自分の場合、吹ける時にガーッと長時間塗装することが多いのでボディの重さとトリガーの硬さがちょっと気になっていましたが、
その重さが逆に塗料の微調整に絶妙だったりします(*´∀`*)
ふふふ・・・これで、更にハウさんの素晴らしい戦術機がたくさん見れる訳ですね・・・!!(プレッシャーをかけてみる)


>そのガスマスクかっこいいなぁw
ttp://www.airgun-web.com/SHOP/2000000017914.html
フードと一緒に装備すると結構カッコよくてお気に入り!!重金属雲の中へ飛び込もう!!
ハウさんもイルフリーデ仕様のタイフーン制作、頑張って下さい!!(*´∀`*)
俺もルナ嬢に褒めてもらえるような、渋い不知火弐型の仕上げ、頑張ります!!
[ 2013/03/24 03:42 ] [ 編集 ]
No title
いろいろと教えていただきありがとうございます!というか、遅くなってしまってすみません…;

エアブラシの件、参考になりました。導入は来月になるでしょうが、もう少しいろいろと検討してみます!…いろいろと検討しているこの期間が一番楽しいんだろうなぁ…
さらに焼け塗装の方法まで。クリア塗装の順番や「ブルーを多め」等、いままで調べた中にはなかったテクまで教えていただけるとは、感謝感激です。
最近はバイク模型に浮気してますが(バイクのマフラーに焼け塗装が必要なんですよ…)、この手法は他にも応用が利きそうですし、いろいろと夢が膨らみますね。必ずや「うむ!」と認めていただけるだけの腕を磨きます!

…まずは先立つものを確保してから…
[ 2013/03/27 23:12 ] [ 編集 ]
いえいえどういたしましてー!!(*´∀`*)
手を動かす方が楽しいですが、やはり長く使うマテリアルやツールには
お金と情報収集の時間をかけておいて損はないですものね!!
そうやってninさんが制作された力作を拝見してモチベーションを吸収するという作戦だったり(*´∀`*)ゲヘゲヘ!!

なるほど、焼け塗装はpanigaleに施される予定なんですね!!
自分に焼け塗装のハウツーを教えてくれた方も元はバイク模型の塗装に使っていた手法だったので、きっと似合うはず!!
もう既に調べられているかもしれませんが、マフラーなら下地はチタンシルバーの方が良いかもです
今回はアレンジでメッキシルバーのギラギラ感をアクセントにしましたが、
マフラーは下地が露出する面積が多いので、やはり質感を意識したシルバーを使った方が良い、と仰っていました

きっとハンドピースを初めて吹く時はその塗膜の綺麗さに驚くと思います!!
来月が楽しみです・・・!!(*´∀`*)ムフフ
模型製作、頑張って下さい!!作品楽しみにしております!!
[ 2013/03/27 23:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
完成作品レビュー
『涙を流す女 胸像ガレージキット』 『港湾棲姫 胸像ガレージキット -Ver Guntie-』 コトブキヤ ACVIハングドマン『グーテンターク・ドライ』 コトブキヤ  一七式衛人白月改『継衛』 -シドニアの騎士- 完成レビュー 戦術機キットコラボイベント『ブルーフラッグ』 『F-22Aラプター日本帝国特殊作戦群配備機  市街地戦用ドットマトリクス迷彩仕様』 『ACVI UCR-10/A 『ヴェンジェンス』初戦/最終決戦仕様』 1/144 『Su-47E ビェールクト』 ACVI SOLUH『バルバロイ』 フジミ 1/700 金剛型高速戦艦3番艦 『榛名』 ノンスケール Su-37M2 チェルミナートル  フィカーツィア・ラトロワ中佐搭乗機仕様 ノンスケール Su-37UB チェルミナートル  スカーレット・ツイン搭乗仕様機 タミヤ 1/35 Ⅳ号戦車D型改・H型仕様 大洗あんこうチーム仕様 タスカ 1/35 シャーマン・ファイアフライ サンダース高校仕様 タミヤ 1/35 チャーチル Mk.Ⅶ 聖グロリアーナ高校仕様 タミヤ 1/35 JS-2 スターリン  プラウダ高校仕様 タミヤ 1/35 ティーガーⅠ 黒森峰フラッグ車仕様 ノンスケール 不知火弐型・富士教導団仕様 迎撃後衛装備 コトブキヤ メタルギアREX ドットマトリクス迷彩仕様 1/144 不知火・富士教導団 【露軍迷彩仕様】 HGUC ザクⅠ・スナイパー 【UC ヨンム・カークス機】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。