- Shooting Apple!! - アスピナの切り札
プラモデルやガレージキットの製作記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アスピナの切り札

DSC08788_20111214164453.png


というわけでコンテスト用に制作していたオリジナルネクスト・『アグレッサー』、完成!!

締め切り直前になって焦ることは予想してたので2ヶ月前から準備していたのに、結構ギリギリでの完成に・・・

「Dスタイルのシュープリス可愛いな・・・ちょっとくらい浮気しても大丈夫だろう、たぶん」

なんて思ったこともあったけど、あそこで手を出していたら確実に間に合わなかった・・・


久しぶりのコンテスト参加ということで、大好きなスプリット迷彩に仕上げました

細い、脆い、薄いというイメージが先行しがちなソブレロフレームを、

いかに強く、禍々しく、凶暴に見せられるかを目標に制作開始

前進翼の戦闘機のような「歪でちぐはぐなシルエット」に見えるよう、

後ろ向きに湾曲したソブレロコアと、前から後ろに流れるようなデザインの

ライール腕部により「W字」に見えるようアセンブリしています


2.jpg


サンドイエローを基本色として、

グリーン系、マホガニー系の色を虎の模様のように交互に塗装しています

スプリットパターンは攻撃的に、刺々しくマスキングしました

マスキング跡の段差は研ぎ出ししています


それにしても細い!!しかしデカい!!

ネクストの混成フレームアセンは初めてなんですが、ソブレロコアの幅の広さ、

ライール腕の怒り肩と相まってかなり大きく、異形さを増したシルエットになりました


5.jpg


トップコートは戦闘機を意識して半ツヤ仕上げ。ツヤ消しでもよかったかな?

前から見ると心細くなるくらい薄いフラジールですが、上から見ると意外にマッシヴ!!

説明しずらいですが、なんというか…フラジールは「ある一点を極限まで突き詰め特化させた結果の異形」、

ひと目見て「あ…この機体はなんかやばい…」と危機感を抱かせるデザインだと思います


DSC08615.jpg


おしり。涎が出そうなバックショット!!

リアビューの美しさには息を飲むものがあります。装甲の下からフレームがチラリズム

下からの写真を撮るのを忘れましたが、裏、表を問わず機体フレームにはスプリット迷彩を施しています


DSC08850.jpg
レールガン!!

DSC08752.jpg
マシンガン!!

DSC08853.jpg
ミサイル!!


腕部武器のレールガンとマシンガン、肩武器のミサイルにも、機体と一体感が出るようワンポイントで迷彩塗装

武装のチョイスは戦闘機(機銃とミサイル)っぽく、ケレン味をもたせるためにレールガン!!

そしたらレールガンが長過ぎて模型完成品収納ガレージに入らなくなったよ!!


8.jpg


なんというか、本当にデカいです。そして異形!!

フラジールそのもののデザインとライールの腕が合わさって、完全に人型から外れたシルエットになりました

ちなみに全身の迷彩部分と非迷彩部分には若干のアレンジを加えてあります


武器セットのカラサワが発売されたら両手に持たせるんだ・・・


DSC08603.jpg


個人的に脚部のスプリットパターンは特にお気に入り!!

迷彩が際立つようにフレーム部分は複数色のガンメタルを使って塗り分けたんですが、あまり見えない・・・

ちなみに「歩行能力は重視されていない形状」という設定通り、スタンドを使わないとあまり安定しません

素晴らしい再現度です。敗率はほとんどありません


DSC08782.jpg


人間の脊髄のような、骨のようなイメージを感じさせるブースター・・・

ネクスト全般に言えることですが、後ろから見た時のメカメカしさがたまらない・・・

ブースターにはシルバーで塗装後、焼鉄色で焼きつけ塗装してあるのですが、またしてもよく見えない!!


4.jpg


元戦闘機乗りであり、アスピナ機関によって空軍から引き抜かれたという経歴以外は不明。
テストリンクス達の間で『アグレッサー』という名で呼ばれるリンクス。
ソブレロフレーム開発計画の最初期から専属リンクスとして計画に参加していた。
ソブレロフレーム自体、リンクスへの負荷が非常に大きい機体だが、
その特異なAMS適正で制御負荷を補う特殊なリンクス。
消耗品とは言え貴重なリンクスを多数食い潰してきたソブレロフレームを、
長時間、柔軟でクリアな思考を保ったまま制御出来るリンクスは、
アスピナにとって「非常に貴重な個体」と言える。実戦に投入されることはまず無く、
試験体としての役割の他、新人のテストリンクス相手の教導隊の役割を与えられている。
機体本来の防御力は決して高く無いため、研ぎ澄まされた空力特性を以ていかに被弾を抑え、
いかに確実に敵機を撃破するかというソブレロフレームが持つ独特の機動、
戦術をレクチャーすることを目的としている。
以来、アスピナのテストリンクスの生存率は「自滅」を除き、飛躍的に向上した。


6.jpg


・・・という設定を妄想してニヨニヨしつつ制作していました

クイックブーストを織り交ぜた三次元的な独特の挙動で敵機を翻弄、

ロックすら許さない超速度で交差際にレールガンを叩き込む・・・素敵!!

元戦闘機乗りということで常に後ろを取ろうとするスタイルで戦います



以下、ポーズ集!!


DSC08718.jpg


DSC08880.jpg


DSC08815.jpg


・・・トップコートは厚めに吹いたものの、塗装が傷むのが怖くてあまりポージング出来てませんw

とは言え前傾姿勢で素立ちさせて飾るのが一番似合う機体だと思います



ちなみに実戦に投入された場合、ジョシュア・オブライエンの再来と言われたジュリアス・エメリーと

互角の勝負を繰り広げる実力を持っている…という設定があったり。フ、フロム脳!!


ブースター&フトモモ&上半身


アグレッサー(教導部隊)ということで、仮想敵機っぽい攻撃的な迷彩塗装をせねば!!

・・・というより、スプリット迷彩をしたいがためにそういう設定にしたというのは内緒!!

制作にあたっては・・・もう、ひたすらにマスキングの日々・・・

合わせ目でもあろうものなら塗装→合わせ目処理→再塗装といった具合に処理しなくちゃいけないので、

ただひたすらに切って、貼って、切って、貼って・・・


でもやはり1パーツごとに迷彩が仕上がっていくあの喜びは麻薬に似てると思います

やはり大変でしたが、それと同じくらい楽しかった!!

ゲーム中ではネタ機を作る意外ではあまりお世話にならなかったソブレロフレームですが、

模型として手に取ることでその格好良さに気付けてよかった・・・!!



あさd


ということで今回も恒例のデジラマを制作!!

高解像度版の大きいもの→


曇天の中、荒廃した砂漠を疾走し、敵ネクストを探している・・・というイメージ

模型じゃ出来ない表現がバンバン出来るのでやはり楽しい!!

模型が完成してそのままの勢いでバーッと作ったんですが、

今まで作ったデジラマの中でもかなりお気に入り・・・ウフフ

自分用高解像度画像ファイル→


コンテスト参加作品ということで混成アセンや迷彩塗装等、普段あまりやらないことをやってみましたが、

他の参加モデラーさんの作品も見ているだけでモチベーションが上がってくるような力作ばかりで本当に楽しい!!

「こうくるか・・・!!」というような凄いアイデアの作品ばかりでワクワクしっぱなしでした

密かに憧れていたりするモデラーさんにコメントを頂いたりすると創作意欲が物凄い上がる・・・!!

普段接することのない多くのモデラーさんと交流出来、試したことのない塗装技法や

アイデアに触れることが出来る最高の機会でした。参加してよかった!!


とにかく今まで模型を組んでいて最も楽しい時間だった・・・!!









DSC08899.jpg
我が家に届けられた2機目のフラジール・・・


実は、制作にあたって最後の組み立てでトラブルが・・・

塗装が終わり、脚部を股間に接続する時に、ポリキャップをハメるボールジョイントをねじ切ってしまいました・・・

投稿期限までの猶予も僅かしかなかったので、ランナー注文する余裕も無く、

急いでAmazonで2機目を注文、佐川さんに持ってきてもらうという事態に

今でこそ冷静ですが、脚部がポロッといった時はAMSから光が逆流しそうだったよ・・・


ボールジョイントの軸が細いので、脚部をハメ込む時にグリグリとねじってしまうと簡単に折れるので注意!!

脚部を動かさず、ボールに対して真上から垂直方向に力を加えれば、割とスムーズにハマります

ガシガシ動かしたいという人はいっそ真鍮線か何かで補強した方が早いかもしれません



DSC08905.jpg


何はともあれ完成かぁ。コンテストに間に合って良かった!!

不知火弐型のスプリット迷彩を塗装した時も相当だったけど・・・

凄まじい量の使用済みマスキングテープの山が出来ました。厚みもかなりあります・・・

たぶん全部丸めたらテニスボールくらいの大きさにはなるはず・・・

面白いからしばらくこのままにしとこう


しかし迷彩塗装、やはり面白い・・・!!

マスキングテープを剥がし、少しずつ迷彩が出来上がっていくあの感触・・・癖になりそう!!

スプリット迷彩2回目ということもあり、前回の教訓を活かしつつ綺麗に塗装出来て良かった

今度は市街地戦用デジタルドット迷彩とか、逆に装飾目的のド派手なストライプ迷彩とかもいいかも・・・!!

AFVモデルチックな森林迷彩なんかもチャレンジしてみたいな・・・


ゴツくて太くて武骨なパーツに似合いそう!!タンクとか!!4脚とか!!

早くアーマードコアVの機体のキット出しておくれよ!!頼むよ!!










アーマード・コア アスピナ X-SOBRERO フラジール (1/72スケール プラスチックキット)アーマード・コア アスピナ X-SOBRERO フラジール (1/72スケール プラスチックキット)
(2011/08/20)
壽屋

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[ 2011/12/14 19:06 ] 製作記 | TB(0) | CM(8)
No title
完成おめでとうございます!

迷彩が見事にマッチングしていて素晴らしい・・・!
「あ…この機体はなんかやばい…」(塗装にかけた時間とか)

武器の迷彩を一部だけしている所は感心しました
こういうのもいいですね!
[ 2011/12/14 20:27 ] [ 編集 ]
No title
ありがとうございます!!フラァァァァッ(
コアパーツをランナーから切り出した瞬間、「これは戦闘機だ!!」と閃いたよ!!
前から見ると細い分、上から見ると結構面積があったので、迷彩がマッチしてよかった…!!

>「あ…この機体はなんかやばい…」(塗装にかけた時間とか)
CUBE「パートナー、もう無理しなくても構いませんよ」
俺「キュ…キューブさん…」
CUBE「あとは私がやっておきます。テストの汎用性は高くなりました」
俺「やった!!」
・・・という夢を見て朝起きる→  俺「全然進んでないや…ハハッ」

とにかく人型から外れたシルエットにしたかったので、武器も身体の一部っぽく見えるようにワンポイントで塗装してみました!!
カラサワ早く発売されないかな・・・あれもケレン味きいてて好きなので早く装備させたい・・・
[ 2011/12/15 01:07 ] [ 編集 ]
No title
いつもながら綺麗な塗装でお美事です。
迷彩パターンの犠牲となったマスキングテープが一種のアートみたいになっててフイタ。


レールガンを搭載した戦闘機・・・?
AC6のノスフェラトだこれーーー  搭乗リンクスはパステルナークだったのか・・・
[ 2011/12/15 21:27 ] [ 編集 ]
No title
>お美事です
「キューブ君、座布団一枚持ってきてくれ」

ありがとう!!やってる内に段々楽しくなって、いつの間にか終わってたりするのは迷彩塗装の常だぜ!!
マスキングテープはもう増殖を続けるカビのような、ちょっとしたホラーな状態に・・・

正直、「装備はミサイルとマシンガンは決まったけど、残りはどうしようか・・・両手ともマシガンでシンメトリーもいいかも…」
と最初は思ってたんですが、レールガンに決めたのはパステルナークさんの影響が多々あったりw
ホワグリミサイルも発射後分裂するし、ちょっとADMMっぽいぜ!!
「今日の勝利よりも、明日の祖国を頼む」・・・
うーむ、本当に搭乗者はパステルナークさんでもいい気がしてきた
[ 2011/12/15 23:50 ] [ 編集 ]
No title
すごく・・・偉業です・・・

完成おめでとうございます!

やっぱ教導隊といえばスプリット迷彩ですよね~。富士教とかw

今度発売される国連不知火使って、富士教不知火を是非作ってk(刺



ところで、写真のマシンガンとレールガンの写真が逆なんだぜ?

狂犬軍曹には黙っておくから、早く武装の変更をするんd(斬
[ 2011/12/20 14:18 ] [ 編集 ]
No title
ありがとうございます!!偉業だなんて照れます///ウフフ
これといった特別なスキルは持ち合わせていないので、愛と情熱で制作しました!!
>やっぱ教導隊といえばスプリット迷彩ですよね
教導隊と言えばスプリット迷彩・・・スプリット迷彩と言えば教導隊!!
あのなんともいえない異質感、たまりませんよね!!

>今度発売される国連不知火使って、富士教不知火を是非作ってk(刺
まさか弐型の富士教導隊仕様を制作した直後に壱型の発売アナウンスを耳にするとは思わず・・・
「最初から壱型で作ればよかった!!」と絶望した記憶がありますw
スプリット迷彩塗装は気力とマスキングテープの消耗が激しいですが、
やはり弐型を作ってしまった以上、壱型も作りたい…ッ!!
ああ、でも帝国仕様も作りたい!!クーデターを再現したい!!

>マシンガンとレールガンの写真が逆なんだぜ?
なんという凡ミス!!ご指摘ありがとうございます!!
早急に正しい順序に戻しておきましたw
ま、まりもちゃんには黙っておいてくれ、頼む!!
[ 2011/12/20 14:50 ] [ 編集 ]
No title
実物を見てコメしようと思ったけど、すごいよこのフラジィィルゥゥゥゥ!!!!
そすごいよこの迷彩マスキングゥゥゥゥゥ!!!!(某CM風
早く肉眼で確認したいぜ、バイトの有無に関係なく威力偵察しにいくからよろしく←
隙あらば強奪といこうじゃないか

本当に化け物みたいなのを作っちまうんだからしゃれにならないぜ・・・
開幕ミサイルもびっくりの(迷彩による)面制圧・・・!
随所に血と汗と涙からなる尋常じゃないオーラ判定が出てやがる

お、俺だっていつか迷彩に挑んでやる、てへぺろー(棒読
ハイゴックの迷彩は任せた!俺はあきらめt(蹴
代わりにノーマルにも笑われるレベルのサンシャインは任せr(ry
[ 2011/12/20 22:47 ] [ 編集 ]
No title
ありがとよォォォォッ!!迷彩頑張ったよォォォォッ!!!
いやもう写真じゃ伝えられないこととかたくさんあるから
早いとこ家に遊びに来てじっくり見ていってくれ!!ついでに飲もう(
ついでにマスキングテープで埋まったダンボールを見ていきなさい

スクラッチするような強化人間達と同じ土俵に立つからには、
彼らの技術に対抗出来る何かを前面に押し出さなければならない・・・
そう、俺には・・・「ACへの愛」があるじゃないか・・・ッ!!

・・・なんていう大層な理由ではなく、ただ単にスプリット迷彩したいなーなんて思ったから作っただけさ!!
作り始めた時はいっつも「これ終わるのか…?」なんて気分になるけど、
いつの間にか終わってたりして楽しいぞ!!次は一緒にオリジナル戦術機作ろうぜ!!

とりあえず次遊びに来たらサンシャインL持って帰りなさい
そしてチッピングしまくりでガシガシ汚しんしゃい
[ 2011/12/20 23:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
完成作品レビュー
『涙を流す女 胸像ガレージキット』 『港湾棲姫 胸像ガレージキット -Ver Guntie-』 コトブキヤ ACVIハングドマン『グーテンターク・ドライ』 コトブキヤ  一七式衛人白月改『継衛』 -シドニアの騎士- 完成レビュー 戦術機キットコラボイベント『ブルーフラッグ』 『F-22Aラプター日本帝国特殊作戦群配備機  市街地戦用ドットマトリクス迷彩仕様』 『ACVI UCR-10/A 『ヴェンジェンス』初戦/最終決戦仕様』 1/144 『Su-47E ビェールクト』 ACVI SOLUH『バルバロイ』 フジミ 1/700 金剛型高速戦艦3番艦 『榛名』 ノンスケール Su-37M2 チェルミナートル  フィカーツィア・ラトロワ中佐搭乗機仕様 ノンスケール Su-37UB チェルミナートル  スカーレット・ツイン搭乗仕様機 タミヤ 1/35 Ⅳ号戦車D型改・H型仕様 大洗あんこうチーム仕様 タスカ 1/35 シャーマン・ファイアフライ サンダース高校仕様 タミヤ 1/35 チャーチル Mk.Ⅶ 聖グロリアーナ高校仕様 タミヤ 1/35 JS-2 スターリン  プラウダ高校仕様 タミヤ 1/35 ティーガーⅠ 黒森峰フラッグ車仕様 ノンスケール 不知火弐型・富士教導団仕様 迎撃後衛装備 コトブキヤ メタルギアREX ドットマトリクス迷彩仕様 1/144 不知火・富士教導団 【露軍迷彩仕様】 HGUC ザクⅠ・スナイパー 【UC ヨンム・カークス機】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。