- Shooting Apple!! - モノアイスペシャル
プラモデルやガレージキットの製作記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

モノアイスペシャル

nkhjk_20110903013443.jpg


『オプティマ゛ァ゛ァ゛ス・・・』




と言う訳で、トランスフォーマー・ダークサイドムーンのショックウェーブをリペイントしてみました!!

アメリカトイにしては結構造形やギミックなんか凝ってて驚いたんですが、

どうしても成形色のままだとおもちゃっぽさが抜けないので、気の赴くままにリペイント



箱絵のイラストは青っぽい色だったんですが、

映画中でのショックウェーブさんのイメージに近づけたかったので紫色にしました

初めてのリペイントだったけど、これはかなり楽しい!!

プラモデルと違ってもう半分完成してるので、ほんと好き放題出来る!!

ハマりそうだ・・・っていうかやっぱりショックウェーブさんイケメン!!もう一個欲しくなってきた・・・








DSC07574_20110827024125.jpg


レドナさんにプレゼントして頂いて、箱から出したばかりのショックウェーブ幼体

映画中でも妖しく光っていたモノアイもちゃんと再現されているし、いい感じ!!・・・

・・・なんですが、成形色のままだとどうしてもオモチャっぽい・・・


映画中ではあんなに格好良かったショックウェーブさん・・・

なんとしてもあのショックウェーブさんが欲しい!!ということでリペイント開始

あくまでも映画中のショックウェーブさんに近づけることを目標としよう



DSC07685.jpg


クリアーパーツのモノアイ集光ギミックは活かしたかったので、

そのまま塗装する訳にもいかず、なんとかパーツを分割

ていうか分割してわかったけど最初からツノのパーツがきっちりハマってなかった!!

モノアイの部分がかなり長い棒状のクリアーパーツで、引きぬくのに一苦労


それにしてもイケメンだ・・・モノアイっていいよね


DSC07687.jpg


塗装しやすいように椀部、脚部、胴体、頭部をそれぞれ可能な限り分割

箇所によってネジの太さ、大きさが違うので場所別に分けておかないと組む時困ります

それにしてもパーツの合いが固い・・・固すぎる・・・!!

ここまでバラすのに半日消費しました。このへんはやっぱりプラモデルの方が気楽にやれるや・・・

これ以上分割出来ないので、エアブラシでの塗り分けにはマスキングで乗り切るしかない・・・!!


DSC07703.jpg


限りなく赤に近く調色したパープルヴァイオレットをエアブラシで全体にまんべんなく塗装、塗り分け

吹きだし量を最小にして奥まった箇所にガンメタをシャドウ吹き、

メタリック感があんまり出なかったのでかなり薄めたシルバーを全体に薄くコート

後はひたすら資料を見つつ筆で部分塗装


メカっぽさが出るよう明るいシルバーで部分塗装したものの、なんだか浮いて見える・・・

紫を多めに調色したシルバーでやり直し、ちょっと統一感が出た気がする

肋骨部分の上側等は下側より明るいシルバーで塗り分け、立体感が出た!!たぶん



そしてエナメルシルバーでドライブラシ!!汚し作業楽しすぎる!!

映画公式サイトのショックウェーブさんの画像見ると思ったよりかなり汚れてたので、

筆に塗料を多めに残して激しめにブラッシング


DSC07716.jpg


大まかな塗装も終わったことだしここでクリアーコート!!

さすがスーパークリアーⅢ・・・テカテカ!!


ただ、何か物足りない・・・何かが違う気がする・・・

汚しや部分塗装でメカっぽさは出たけど、ディセプティコン特有の「ヌメッとした生物っぽさ」が足りない・・・

クリアーコートのお陰でだいぶ劇中のイメージに近づいたけど、もうちょっと気持ち悪くしたい


DSC07712.jpg


ここで秘密兵器を投入!!オプティマース!!

クリスタルカラー、アメジストパープル!!

パールのような偏光粒子?のような塗料で、塗り重ねると凄く綺麗・・・

最後にこれを数回に分けてコート、最後にまたスーパークリアーでコート!!




そしてリペイント終了!!3日ほどで終わりました

アメジストパープルが凄く良い味出してくれてよかった!!

言い方は凄く悪いけど、ゴキブリの表面のような・・・

メカっぽくありながら、どこか昆虫のような生物っぽさが出てくれた気がする!!









と言う訳でショックウェーブさんのグラビア、スタート!!





DSC07758.jpg

正面から

エイリアンキャノンが物凄いボリューム&もともと体格が良いので

かなり強そうに見えます。というか劇中でも結構強かった

めちゃくちゃでかいキャノンをガッチャン!!とリロードして歩いてくる様は男らしいの一言


DSC07766.jpg


エイリアンタンクという戦車形態に変形するギミック付きだったんですが、

劇中では変形しないのでオミット。でもその分塗装を頑張ったぞ

ちなみにダークサイドムーンは既に二回観に行きました。死ぬほど熱かった・・・!!

正直、ショックウェーブさんの活躍を見にもう一回映画を観に行きたい気分


DSC07786.jpg


その妖しい一つ目と逞しいキャノンに心奪われる観客多数!!

ショックウェーブさんの活躍が観れるのはトランスフォーマー・ダークサイドムーンだけ!!


下地を赤紫で塗装した後、モールドや塗り分け箇所は筆で塗り分けたんですが、

シルバーやガンメタは場所によって色味を変えて単調にならないようにしました

というかエアブラシだと奥まった所までなかなか塗料が届かないので、下地の赤紫を塗装するだけで丸一日消費・・・

久々に筆を使った気がするけど、やっぱり楽しいな


DSC07827.jpg


変形ギミックがあるだけあって可動はあまりよくありません

まあショックウェーブさんは素立ちさせてるだけでもめちゃくちゃ格好良いけどね!!

ちなみに劇中でのセリフは初登場時の「オプティマス・・・」くらいしかありません

寡黙で無口な男、それがショックウェーブ


DSC07780.jpg


前から見ると生物的、後ろから見ると実にメカメカしいデザイン

こういうとこを見るとエイリアンタンクに変形させたくなるけど、ここは我慢だ


ちなみにキャノンと本体を繋いでいるパイプはゴム製だったので、

うっすらとガンメタを吹いた後、ドライブラシ

もし劣化して千切れてしまったらプラパイプで作り直そう・・・


DSC07787.jpg


ちなみにこのキャノン、劇中では拡散グレネードのようなものを射出していました

見た感じだとレーザービームでも撃ちそうな流線形のデザイン!!

だけど実際には実弾系キャノン!!しかもグレネード!!

さすがショックウェーブさん格が違う


DSC07807.jpg


左腕にはでっかいブレードも装備してます

劇中ではこのブレードが傘状に開いてシールドに変形していました


ちなみにこのブレードもキャノンも簡単に外れるので、左右付け変えることも出来ます

つまりオモチャを二個買えば、両手にキャノンを装備することも出来るということ

逆にブレードを両手に装着してファイターなショックウェーブさんにも出来る!!


DSC07826.jpg


頭の後ろのクリアーパーツが光を拾うのでモノアイが常に光ります

後ろから見たら格好悪いけど、やっぱり赤く光ってないとショックウェーブさんじゃないよね



写真だとどうしても暗く見える&紫色が発色しにくいですが、実際にはもうちょっと明るい紫色です

もともと曲面の多いデザインなので、クリアーコートの下の

アメジストパープルの粒子がキラキラして結構綺麗!!キャンディ塗装よりもお手軽だ




DSC07853_20110903011313.jpg


以上、ショックウェーブさんのグラビアでした

なんか写真撮ってたらまた映画観に行きたくなってきたよ!!


なんというかプラモデルとかは完全に自分との戦いですが、

リペイントは元からあるものに手を加えていくものなので、

気付いたら「ここからどれだけ格好良く出来るか」という競争意識で一生懸命に・・・

なんだかハマってしまいそうですリペイント!!

プラモデルほど気を使わないのでサクサク出来るのが凄く楽しい!!



イメージ通りのショックウェーブさんに仕上げることが出来たし、

今後も何かお気に入りのキャラの玩具があったら買って、またやってみよう・・・!!









トランスフォーマー DD05 ショックウェーブトランスフォーマー DD05 ショックウェーブ
(2011/06/18)
タカラトミー

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[ 2011/09/04 00:37 ] 雑記 | TB(0) | CM(2)
No title
ホイーリー「アォゥ、ショクウェィブ!!」

さすがACを汚しまくってる林檎さんの汚しは芸術作品だぜ・・・
もう作中に出てきたのそのまんまじゃんかよ・・・!!
ほんと格好良さは本家凌駕しちゃってるよ!

うちのバリケードも汚してくだs(

さて、お次はドリラーのフルスクラッチを期待してまs(蹴
[ 2011/09/04 15:08 ] [ 編集 ]
No title
新連載漫画「ショックウェーブ様が見てる」

ドライブラシはお手軽な上に効果絶大だからやってて楽しい!!
最初は足元だけピグメントとかで土汚れつけようかと思ったんだけど
なんだか浮きそうだったのでやめました・・・たぶんスタースクリームとかには似合うはず・・・
映画に忠実と言いながら実は塗り分けとかアレンジが多いのは内緒に(ry
>バリケード
いいのかい?俺に汚させたらディセプティコンになっちゃうぜ!!ていうか恐れ多くて出来ないぜ!!
ビーグル形態のメガトロンとかも作ってみたくなってきた・・・錆び汚れとか・・・

とりあえず大きすぎてドリラースクラッチは一生かかっても出来そうにないのが怖い・・・
ショックウェーブの初登場シーンのドリラーの口の中から出てくる時の台座とか発売されないかな・・・
[ 2011/09/04 15:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
完成作品レビュー
『涙を流す女 胸像ガレージキット』 『港湾棲姫 胸像ガレージキット -Ver Guntie-』 コトブキヤ ACVIハングドマン『グーテンターク・ドライ』 コトブキヤ  一七式衛人白月改『継衛』 -シドニアの騎士- 完成レビュー 戦術機キットコラボイベント『ブルーフラッグ』 『F-22Aラプター日本帝国特殊作戦群配備機  市街地戦用ドットマトリクス迷彩仕様』 『ACVI UCR-10/A 『ヴェンジェンス』初戦/最終決戦仕様』 1/144 『Su-47E ビェールクト』 ACVI SOLUH『バルバロイ』 フジミ 1/700 金剛型高速戦艦3番艦 『榛名』 ノンスケール Su-37M2 チェルミナートル  フィカーツィア・ラトロワ中佐搭乗機仕様 ノンスケール Su-37UB チェルミナートル  スカーレット・ツイン搭乗仕様機 タミヤ 1/35 Ⅳ号戦車D型改・H型仕様 大洗あんこうチーム仕様 タスカ 1/35 シャーマン・ファイアフライ サンダース高校仕様 タミヤ 1/35 チャーチル Mk.Ⅶ 聖グロリアーナ高校仕様 タミヤ 1/35 JS-2 スターリン  プラウダ高校仕様 タミヤ 1/35 ティーガーⅠ 黒森峰フラッグ車仕様 ノンスケール 不知火弐型・富士教導団仕様 迎撃後衛装備 コトブキヤ メタルギアREX ドットマトリクス迷彩仕様 1/144 不知火・富士教導団 【露軍迷彩仕様】 HGUC ザクⅠ・スナイパー 【UC ヨンム・カークス機】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。